下肢静脈瘤について(説明~診断~治療法紹介)

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

下肢静脈瘤の例下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は、“下肢の皮下静脈が拡張・蛇行し、静脈還流が障害された状態”をいいます。(血管(静脈)がコブ(瘤)のようにふくらんだ状態)

下肢静脈瘤の分類

下肢静脈瘤の分類下肢静脈瘤は、4種類に分類され手術が必要となるのは伏在型静脈瘤です。
クモの巣状静脈瘤、網目状静脈瘤、側枝型静脈瘤、伏在型静脈瘤

下肢静脈瘤の主な症状

・足のむくみ、腫れ、易疲労性、熱感
・夜間のこむら返り
・皮膚症状:色素沈着、湿疹、潰瘍
・出血
などがあります。

下肢静脈瘤に起因する症状かどうか?
・朝より夕方に症状が強い
・左右差がある
・エコーで静脈不全が存在する

色素沈着・湿疹・潰瘍(かいよう)

まれに湿疹や、皮膚が破れる潰瘍ができ重症になることがあります。

色素沈着の特徴

色素沈着の例・長年にかけて徐々に色素沈着を起こす
・やせ型の男性に多い傾向
・長時間の立ち仕事

湿疹の特徴

湿疹の特徴・境界明瞭で貨幣状湿疹の形をとる
・中年に多い
・比較的軽症の静脈瘤にも起こる
・治療に反応し、可逆性である

エコー(超音波)検査

血液が逆流しているかを調べるために、エコー(超音波)検査を行います。

エコー(超音波)検査

エコー(超音波)検査

正常な弁機能(大伏在静脈)

正常な弁機能(大伏在静脈)

正常な弁機能(大伏在静脈)

大伏在静脈の逆流

大伏在静脈の逆流

大伏在静脈の逆流

下肢静脈瘤の治療

・ストリッピング術(静脈抜去術)
・圧迫療法(弾性ストッキング等)
・硬化療法
・静脈瘤切除術

下肢静脈瘤新しい治療法

血管内レーザー焼灼術 → ELVeSレーザー

Endovenous LASER Ablation, EVLA(2010年6月国内承認)
一次性下肢静脈瘤の治療。血管径20mm以下の大伏在静脈、または小伏在静脈瘤の治療に使用します。

血管内レーザー焼灼術

血管内レーザー焼灼術

血管内ラジオ波焼灼術

Endovenous RF Ablation, EVRFA
手術侵襲が少ない(傷が小さく、少ない)
日帰り手術を含む短期滞在手術で、早期社会復帰が可能


下肢静脈瘤(説明~診断~治療法紹介

当サイトQRコードをご利用ください

てとあしの血管クリニック東京